無料ブログ作成サービス JUGEM
←prev entry Top next entry→
絵画クラス 鯵の干物を描こう
0

    絵画クラスでは鰺(あじ)の開きの干物を描きました。

    本物のお魚のモチーフを前に反応は様々。「なまぐさーい」「うえ〜っ」という反応は想定内でしたが、「美味しそう!」「僕、お魚大好きなんだ!」「焼いてほしい〜!」という、意外な子達のお魚好きが判明して驚いたり、モチーフを前にとても盛り上がりました。

     

    やはり生き物のモチーフは毎回人気で、とても集中します。

     

    金曜絵画クラスは、高学年が多いので特に集中します。


    紺色の画用紙をベースに、下描きをせずに薄い白絵の具で形をとって、色や形をよく見て描きます。

    4年生 A君 えらの切れ目や骨をよく見て描けていますね。影も効果的です!



    3年生 Aさん 丁寧にお魚の色を観察して色つくりをしていました。新鮮な色がよく出来ています。


     
    5年生 Mさん お魚のグラデーションになっているところを何度も挑戦して描いていました。開きの量感もよくでていますね。


    子ども達の描く絵は、本当に様々で、これぞ芸術だな!と毎回感動してしまいます。

     

    6年生Hちゃん。春には中学生になるので、鉛筆の使い方を少しずつ指導しています。

    生き生き描けていますね。

     

    5年生Tくん

    お魚が大好きで、食らいつくように描いていました。

    普段は薄くなりがちなのですが、頑張って濃淡を表現出来ましたね。

    中学1年生Kさん

    デッサンを頑張った後、少し色付けもしたいと急いで絵の具を出して着色しました。

    お腹のふっくらした所も良く描けましたね!

     

    なかなかご自宅で鯵の開きを描く事は、なかなかないと思いますが

    じっくり観察すると、発見が沢山あります。

    ぜひ調理をする前に、ご覧になってくださいね♪

    JUGEMテーマ:絵画

    | ブーピー工房 | 教室の様子 | comments(0) | - | - |
    Comment
    name:
    email:
    url:
    comments: